2012年08月02日

棚田風景。

こんにちは、おにょです。

今日は稲渕(いなぶち)の棚田風景のご紹介です。

こちらが棚田風景↓
DSCF0546.jpg

右側に棚田が広がっていて、道が見事に曲がっていますね。

田舎の田園風景を思わせる感じで、私的には大好きな風景です揺れるハート

はい、ここで旦那サマーより問題です。

なぜ道が真っ直ぐではないのか??

それは〜ここの道路を作る時に、古墳が発見されたのです。
なので古墳をさけて、道が見事に曲がっているわけです。

明日香村にはきっと、まだ発見されていない古墳が
たくさん眠っていると私は思います。

まさに飛鳥時代の往事を彷彿させる景観ですね。

ではまた〜かわいい




ぽっちとな宜しくです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




http://pet-kirari.com/ibr/navisdo11.cgi?at=323



ぽっちとな宜しくです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




http://pet-kirari.com/ibr/navisdo11.cgi?at=323


posted by おにょ at 11:00| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥明日香 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

女渕。男渕。

こんにちは。おにょです。

今日は奥飛鳥の女渕(めぶち)・男渕(おぶち)のご紹介。
旦那はんよりの写真の提供です。

場所はこの辺↓
地図のコピー.jpg

女渕は飛鳥川流域の栢森大字に位置し、女の竜神が住むと言われる滝で、
その渕は竜宮へ続いているとも言われているそうです。

こちらが女渕↓
R.女渕-2.jpg

ちなみにこの女渕では昔、持統天皇の祖母の興極天皇が雨乞いをされたところ、
たちまち大雨が降ったという伝説も残っているそうです雨


女渕からさらに上流に1.5キロぐらい奥に進むと男渕があります。

これが男渕↓
01飛鳥川04(男淵4).jpg

マイナスイオンたっぷりな感じですね。

残念ながら今回は自らの足で行って写真を撮っていないので、
今度はぜひとも自分で写真を撮ってアップしたいと思います。

ではまたかわいい





ぽっちとな宜しくです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




http://pet-kirari.com/ibr/navisdo11.cgi?at=323







posted by おにょ at 11:27| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 奥明日香 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

奥明日香のこと。

こんにちは。おにょです。

今日は少々マジメな感じでいきたいと思います。

私達が今農業をしているのは、奈良県高市郡明日香村入谷という所ですが、

その入谷(にゅうだに)と、稲渕(いなぶち)、栢森(かやのもり)、の三集落は明日香村の中でも南東部に位置していて、「奥明日香」と呼ばれています。

なぜ??と言われると・・・すみません。分かりませんあせあせ(飛び散る汗)

私的には単純に、明日香村の中でも奥にあるからかな〜なんと思ったりしていますが・・・いい気分(温泉)
違ってたら申し訳ないです。奥明日香の皆様。


このオレンジで囲んだ部分が奥明日香みたいです。↓
地図のコピー.jpg
飛鳥駅からいうと、稲渕⇒栢森⇒入谷という感じで標高が上がっていきます。

その一番上の入谷で農業を私達はしていて、標高が高く、気温差もあり、お水も山水を使っての米作りであるために、美味しいお米が採れるわけです。

入谷だけでなく奥明日香にはたくさんの素晴らしい景観や、守っていかなければいけないものがたくさんあると私的に思います。

そんな感じで奥明日香の素晴らしい景観などを今後紹介していきたいと思います。
05_14_集落景観(入谷3).jpg

ではまた〜かわいい



ぽっちとな宜しくです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




http://pet-kirari.com/ibr/navisdo11.cgi?at=323



posted by おにょ at 14:03| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥明日香 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。